mains.

CONTACT

Tel.053-540-0241

〒431-0214
静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3775-10

ORDER SURFBOARD

CUSTOM ORDER SURFBOARDS

CUSTOM ORDER SURFBOARDS

カスタムサーフボード、それは 無限の産物 である!
サーフィンの歴史は、カスタムサーフボードの歴史。
サーフィンという遊び(ライフスタイル、スポーツ)が始まった時から、今現在まで、道具の進化がライディングの変化(進化)を生み出した。
もちろん才能のあるライダー達の存在あっての話しだが、そこには必ず革新的な考えから導き出されたサーフボードデザインが存在してきた。
そして、その流れは、現在進行形であり、今なお新しいライディングスタイル(アクション) = 新しいサーフボードデザインが生み出されている。
この流れは、過去から現在 そして未来へと変わらずに変わり続けていくはずです。

カスタマーに合ったサーフボード作り

サーファーの数だけ色んなサーフボードが存在し、それに合わせたサーフボード作りこそが、フルオーダーというものです。
フルオーダーって言っても、なにに対しての? って思う人達結構いると思います。身長や体重、色やグラフィック、見た目の形? そのへんまでは分かるけど、そこから先のフルオーダーってなに? ってね、、、
私 obata が考える フルオーダー とは、ザックリこのような物です。

FULL ORDER SURFBOARDS

  • パターン01
    カスタマーの乗り方(様々な癖)を否定することから始めのではなく、まずは乗り方に合わせる事で、違和感なく乗れるサーフボードを設計しシェイプしていく。
  • パターン02
    カスタマー自身が、スキルアップの限界を感じていて、その理由の1つに自身の乗り方(悪い癖)に問題があることを理解し、その上で、その乗り方を治す為のサーフボードを設計しシェイプしていく。
  • パターン03
    ある程度自身のライディングスタイルが出来ていて、その乗り方を崩す事なくネクストレベルに行く為のサーフボードを設計しシェイプしていく。
  • パターン04
    1つの目的(技)だけにフォーカスし、そこだけに超特化したサーフボード作り。
    例えば、ライダーの基本となる乗り方を理解した上で、エアーだけにフォーカスしたトレーニングボード。

だいたい以上の4パターンをベースに、より細部(スタンス幅、前足加重? 後足加重?)まで、掘り下げて上で、デザイン設計しシェイプしていきます。
そして、ベストボードを手に入れる為に1番大事なのは、ライダー(お客様)の情報です。
今乗ってボード、そして、そのボードをどのように感じているのか?? 今後どのようにしていきたいのか?
少しで多くの情報があればあるほどベストなボードを作る事ができ以上の考えかたが、私obataが、サーフボードデザイン & シェイプする上での理念であります。

そして、私とのコミニュケーション(一緒にセッションしたりディスカッション)を取る事で、感じてる事を言葉にするお手伝いをさせていただいたり、自身でも気づいていない部分を気づいてもらったり、の中で、様々な情報をいただき、その情報を元にサーフボードをデザインしていくという流れで、最終的にシェイプしていきます。 コレが、フルカスタムオーダーのサーフボード です。
ショップに並んでるボードをピックするのとは、明らかに違うカスタマーだけのオンリーワンサーフボードです。
身長、体重、足のサイズ、前足荷重の乗り方か、後足荷重の乗り方か、サーファーの数だけ、違うスタイルがあり、違うサーフボードが必要になります!

1つ考えてみて下さい!
あなたが憧れるトップライダー達は、ショップに並んでる吊るしのボードで、今のスキルを手に入れたと思いますか?
答えは、言わなくても分かりますよね!
そう、大事なのは、オンリーワンである事です。自分のスタイルを見つける事が1番の近道です。
あなたも、トップライダー達が、スキルアップしてきたプロセスを辿ってみたいとは思いませんか!?
それが出来るのが、HOPE surfboards であり、Tomoak obata shape design です。

GLASSING

シェイプが終わったら、Mains grass works の osuka mamoru の手により一工程一工程丁寧に作業がすすんでいきます。
カラー(グラフィックデザイン)。カスタマーのお好みの色やデザインをエアーブラシ、ハンドペイント、レジンカラー、レジンデザイン、など、様々な製法があります。

osuka mamoru

フィンボックスを埋め込み、フィンポジション、フィン角度を合わせ、ロゴマークのポジションを決めます。全て気の抜けない繊細な作業。

osuka mamoru

そして、クロスを合わせ樹脂でラミネート。時間との勝負!!早く丁寧にエアーなどを気にしながらの作業。
そして最後にサンディングして完成です。
この工程がサーフボードの製品としての価値が1番分かりやすく見えるので、最後まで気を抜けません。
特にオーバーサンディングにならないよ神経を使っての作業です。
このように、HOPE SURF BOARDS TOMOAK OBATA SHAPE DESIGN HYDRO MASTER WAKE SURFBOARDS 全て、一本一本丁寧に自社生産しています。

osuka mamoru

CONTACT

TEL
053-540-0241
外出していることが多いため、お店の電話にでない場合は携帯電話にお気軽にご連絡ください。
MOBILE
090-9109-6536
月・木・金 13:00~20:00
土・日 11:00~20:00
定休日 火曜・水曜

~ 各種クレジットカード取り扱い ~

〒431-0214 静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3775-10

CONTACT